スモークIR(リア用赤外線カットフィルム)

有害紫外線をほぼ0.1%にカット

 UV-A紫外線は室内のあらゆる物質を劣化・変質させるほか、皮膚の老化や皮膚がんの発生原因にもなっています。また、UV-B紫外線は多くがオゾン層に吸収されてしまいますが、一部は地上まで到達し日焼けの原因やシミ・そばかすの症状を起こします。これらの有害紫外線をスモークIRフィルムにより有害紫外線をほぼ0.1%にカットします。

赤外線カット効果で暑さを大幅に軽減しエアコン効率を向上(断熱性能)

肌に浸透する近赤外線領域をカットする高機能フィルムを貼ることで、夏の暑さやジリジリ感を大幅に軽減するほか、エアコンの効率が向上しますので燃費の節約にもつながります。

 

プライバシーを守り盗難防止にも効果的

 

スモークIRフィルムを貼ることにより、外側から車内が見えにくくなりますので、車内を覗き見られることもなく車内に置いた貴重品などの盗難防止に効果があります。

透明ガラスに施工した場合、透過率20%はプライバシーガラスに近い視認性となります。

メンテナンスが簡単、万が一のガラス飛散対策に効果的

2.5H以上のハードコートを標準装着していますので、ガラスの開閉や手を触れる程度ではフィルム面の傷つきの心配は全くありません。さらに万が一の横転事故やサイド・リヤからの追突事故ではガラスが割れ小さなガラス片となり勢いよく飛散します。飛散防止対策専用フィルムではありませんが、スモークIRフィルムを貼ることでガラス片の飛散を抑制することができます。特に後部席にはお子様やお年寄りの方が座るケースも多いことから事故等による二次被害の軽減に効果的です。


紫外線(UV)透過率:1%以未満

   紫外線=日焼け・シミ・シワの元であり、車内の内装材を劣化・退化させる原因の一つ

近赤外線(IR)カット率:約75%

   近赤外線=暑さの元であり、肌のジリジリ感を招く原因。

従来のスモークフィルムをしのぐ断熱・遮熱性能により車内環境をより向上させます。

スモークIRフィルムは車内の受熱温度を約5℃以上引き下げます。